【ネタバレ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは【レス夫婦のW不倫旅行】

【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】
作者・南田U助 / チンジャオ娘

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】ネタバレ

男40代、女20代後半のW不倫カップルです。職場が同じということもあり、職権を乱用して出張に帯同させて不倫旅行をしました。

出張といっても客先への挨拶だけだったので、用事は私が済ませて彼女にはホテルで待機してもらっていました。

部屋に入るや否や、彼女が待ち切れなかったという感じで私に抱きついてきました。時間はまだ16:00で外は明るかったのですが、彼女のEカップの胸を押し付けられるとたまらなくなり早速、一戦交えることにしました。

彼女もその気になっているようで、ズボンの上から私の股間を弄り、ファスナーを開けて手を入れてきました。

「今日は暑かったから、シャワーを浴びるよ」というと「もう我慢できないの。それに、貴方の匂いが好きになっちゃったの」と言って彼女が私のズボンとトランクスを脱がせ、跪いて口で奉仕を始めました。

「ああ、いつ見ても凄いわぁ」と言って、手でしごきながら先端を舌でチロチロと舐めてきます。「お前の舌遣いもたまらないよ」と言うと玉を揉みながら裏筋に沿って舌を這わせてきました。

10分ほど、彼女の口技を楽しみ、攻守交替です。いつもより短めのタイトスカートを捲ると赤いレースのショーツが現れました。

「貴方にもらったやつよ。似合う?」と言うので「お前のようなエロ女にはとってもお似合いだよ」と言うと
「いやん、そんな事言わないで」と言いましたが、満更でもない顔をしていました。

 

下着の上から股間を触ると、じっとりと湿っていました。「おしゃぶりしただけで興奮したの?」と聞くと
「そうよ、私は貴方の凄いのにすっかり飼いならされて、これ無しじゃ生きていけないんだから」と嬉しいことを言いました。

「そうか、じゃあ俺の言いつけをちゃんと守ってるか、確かめさせてもらうよ」と言って彼女をベットに押し倒し、ストッキングとショーツを脱がせて、彼女の股間に顔を埋め、割れ目を舐めあげました。

 

「ひあっ!ああっ!」と彼女は早速、感じ始めました。指でクリを刺激しながら執拗に割れ目を舐めると「もう、旦那とはしてないからっ!そこは貴方だけのモノなんだから」と彼女は言いましたが、彼女が絶頂するまで舐め続けました。

彼女の喘ぎ声で私も興奮し、彼女を窓に手を付いて立たせ、バックから挿入しました。

「ちょ!やだっ!見られちゃう!」と彼女は言いましたが「大丈夫だよ、ここは高層階だし。それに見られたって構いやしないよ。お前は俺だけのものなんだから」と言ってガンガン突いてやりました。

周囲にこの部屋より高い建物は無いので、見られる心配はありませんでしたがまだ明るい外の景色を背景に、レスとはいえ人妻を蹂躙しているのがたまらなく気持ち良くなり彼女の絶頂と同時に、彼女の中に大量に射精してしまいました。

【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】
作者・南田U助 / チンジャオ娘

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。