【姉はヤンママ授乳中in熱海編】旅行先でアオカン三昧のゲス不倫が面白い漫画

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
作者・チンジャオ娘・エンガワ卓

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。

 

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】ネタバレ・あらすじ

私の彼氏、ちょっと変わっているかもしれません。

 

出会いは半年前、私はイベントのコンパニオンとして彼の会社のある祝賀会に呼ばれており、お互いに一目ぼれしてこっそり連絡先を交換して付き合い始めたんです。

 

もちろん私との付き合いは内緒です。コンパニオンに手を出したとか誰のメリットにもならないですし、公にできないのはしょうがないと思っていたんです。

公にできない理由はほかにありました。それは彼、妻子持ちだったんです。私は知らずに付き合い始めたので、気もちを止められるわけないんですよね。

 

彼も気持ちは私にしかないと言ってくれていて、別れると言うことは全く考えられないって。

 

だからもう誰にも知られずにひっそりとお付き合いで来ていたらいいやって言う気持ちで毎回私はあるホテルを利用して彼に会っていたんです。

彼はそれじゃ申し訳ないって、なんと私のためにマンションを借りてくれたんです。

 

ここに引っ越しておいで、ってある日案内されたのは住む世界が違うのでは?と思うほどのタワマンの高層階、夜景がきれいで感激していると、ココで毎日でも愛し合いたいって、その時も何もない部屋の窓際で愛されました。

 

高層階なのでもうカーテンなんていらない、私は素っ裸で窓に張り付くような格好にさせられて、後ろから攻められ、窓に押し付けられるようにして彼を受け入れました。

 

やだ、誰かにみられちゃうって言っても、こんな場所でいったい誰が?見えるわけないと、笑われてしまい、もし見えるなら見せつけちゃえ、とさらに強く攻め続けられてしまいました。

普段の生活ではありえないシチュエーションでこんな風にされてしまうと、なんか夢見てるような気持ちになってしまって、ココでの生活を楽しみに思えてしまいすぐに引越しを決意しました。

 

もちろんすべて彼が手配してくれました。私にこんなにしてくれて、一体彼は何者?という気持ちで今もいっぱいです。

 

彼は一社員としてあの祝賀会に来ていたはずでした。

年齢25歳、まあお金を持っていても不思議ではないのかも知れませんが、妻子もあるのにこの感じってほんとに大丈夫なの?って思っちゃいますよね。でも、私はもうこの生活からすでに抜け出せないような気がしています。

 

まだ半年だけどもう半年もこういうセレブなマンションで暮らしてしまいました。

 

毎週金曜日、日曜日に彼はやってきて、初日と同じように私をめちゃくちゃに抱きます。幸せすぎてやばいです。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
作者・チンジャオ娘・エンガワ卓

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。