【無料】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?【イブの夜、二人のシルエットが重なって...】

 

 

【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<この漫画のお試し読みはコチラ>>

前編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<お試し読み>>

後編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<お試し読み>>

前編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】ネタバレ

 

去年かみさんとのエッチで一番気持ち良かったエッチ。それはクリスマスイブにホテルでしたエッチです。

クリスマスイブにディナー&エッチは定番中の定番かもしれませんが、結婚して10年以上経っている夫婦がそういうのをするのってなかなかないんじゃないでしょうか。

私たちが住んでいるU市の駅に隣接しているホテルがその舞台。見た目、プチリッチなシティホテルみないは感じもあって、前から外出エッチをするときは結構使っています。

そのホテル最上階、駅前だしその夜景が結構美しいのです。その雰囲気がクリスマスイブにはもってこいと思い、ここならカミさんも大満足してもらえると思い、予約、予約。

イブ当日、ホテルにあるイタリアンのお店でコースメニューを食し、アルコールは控えめにして二人落ち着いた雰囲気のなか、食事を楽しみました。

そして、いよいよ...。

 

ホテルの部屋に入るやいなや、私たちはもうエッチモード全開です。お互いの服をゆっくり、そしてエロチックに取り去っていく。なんか大人のエッチって感じです。

カミさんの勝負パンティは薄いピンクカラー。ブラもペアのものでとってもかわいい。

そのかわいいパンティとブラを取り去って、私の大好きなかみさんと熱い口づけ。お互い舌を絡み合わせ、ベッドに倒れ込みます。

すでにとろけるバターのようになっているカミさんの花唇はめくれあがるように花を開いています。

私は濡れそぼる花唇に舌を差し込み、彼女の官能を刺激します。

「あぁっ、あぁぁ。気持ちいい...」

 

前編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<この漫画のお試し読みはコチラ>>

前編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<お試し読み>>

後編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<お試し読み>>

後編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】ネタバレ

ゆっくりと悦びの度合いを高めていこうとする私の作戦。かみさんはしっかり私の作戦を受け入れてくれているようです。

最初のエクスタシーを駆け上った彼女は今度施私のペニスを刺激してくれます。まだミルクを放っていない私のペニスは突き上げるように怒張したまま。そのペニスをそのかわいい口が包み込みます。その感触がとっても気持ちいい。

 

「あぁっ、すごく気持ちいい。ヒロちゃん、もっとして。」

思わずこんな声まで上げてしまう気持ち良さ。

かみさん、そのまま私のペニスがイッてしまうような愚行は致しません。絶妙なタイミングで口からペニスを離し、また咥える。

そんなことをしつつ、いよいよ二人一つに。

今夜はクリスマスイブ。いつもはなかなかしないプレイスタイルです。彼女を抱え、立ったまま、一気に交わりました。

そのグラインドにカミさんからは悦びの声が続きます。

「あっ、あぁっぁぁ、すごい。とっても気持ちいい、すごく感じる。ヒロさん、もっとして、私を気持ちよくして。」

私も一気に動きを加速させます。

そして、一気にゴールへ。

「あぁっ、あぁぁっぁ、イクわ、私、もうイク!」

「俺も、も、もうイク。気持ちいい。」

夜景をバックに二人のシルエットが重なり、本当に素敵な一夜となりました。

また、ぜひここで、エッチしたい...。

後編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<この漫画のお試し読みはコチラ>>

前編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<お試し読み>>

後編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】

<<お試し読み>>