お試し読み【姉はヤンママ授乳中in実家編】※ 【直属の上司との不倫】

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
作者・チンジャオ娘・エンガワ卓

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】ネタバレ・あらすじ

15歳離れてた上司。落ち着きもあり、仕事面でも落ち着いていていながらも完璧に仕事をこなすかっこいい上司でした。そんなある日、休日にメールが来るようになりました。

「今眼鏡屋に来ました。どんなメガネが似合うかな」等。

 

「購入するんですか?月曜が楽しみです。」等返信していました。

 

メールをするようにはなりましたが、仕事中はそんなそぶりは一切見せず、私ともごく普通に接してくれていました。

そんなある日、私が夜女子同期会をしていた時にメールが来ました。

 

「同期会終わったらちょっと会わない?」と。ドキドキしましたが、ちょうと帰り道だしと自分に理由を付けて会うことになりました。

 

夏だったのでしばらく海でいろんな話をしていたら上司の手が私の太もものの上に置かれました。その日は何もなく帰りました。

それがきっかけで休日たまに上司から誘われ会うようになりました。隠れ家のようなお店のランチに行ったりする週末が何回かありましたが、ついに、、こんな日がきました。

 

その日は上司からそろそろ2人っきりで会いたい。と言われました。当然2人きりで会っている。

しかし2人っきりで会いたいと言いました。私は瞬時に2人っきりという意味を察しました。どうしようか、どうしたらいいのか、戸惑いのままです。

 

とまどいのまま車を運転する上司の姿でした。するとラブホテルの近くに停車しました。どう?行ってみない?2人っきりになりたい。

率直な上司の眼差しに何も返事をすることもできず車はラブホテルへ入っていきました。

 

部屋につくとソファーに座りたわいもない話をする2人。内心私はドキドキしっぱなしでした。すると話が途切れキスをする上司。

 

私は禁断の上司と部下というシュチュエーションと、憧れの上司とのキスで陰部がとてつもなく熱くなっていました。

 

10代のことからキスやエッチをしてきましたが、同年代で若かったのか、自分よがりのセックスが多くあまり自分にとっては気持ちがいいものとは思っていませんでした。

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
作者・チンジャオ娘・エンガワ卓

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。