ネタバレ【姉はヤンママ授乳中in熱海編】※肉食系不倫妻との情事

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
作者・チンジャオ娘・エンガワ卓

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。

 

お互い、淫らに腰を動かして感じ合い、1週間溜めた物を彼女の奥深いところに放出しました。その後、抱き合っていると彼女の手が股間に伸びてきて「今日はこの前の記録、更新出来るかな?」と言ってきました。

 

前回は都合5発でしたので、今回は6発に挑戦すべく、また彼女に挑みました。結果、9時間で6発したのですが、彼女は平然と帰宅したのには舌を巻きました。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】ネタバレ・あらすじ

社内で配置転換され、女性の多い部署に配属されました。

 

しかしながら既婚者が圧倒的に多く、アバンチュールは無いなぁと残念に思いました。ある時、部署の飲み会が開催されたのですが、40代で既婚にも関わらず普段から超ミニスカートの女性が隣に座りました。それまでほとんど会話がなかったのですが、結構気さくな女性で会話が弾みました。

 

会話の最中、何度か脚を組み替え、その度に視線が釘付けになってしまいました。

私の視線に気付いたようで「さっきからどこ見てんのよ」と言われましたが、そこそこ酒も入っていたので「いやー、脚フェチなんでついつい、見とれちゃうんですよね」と言うと「なんか、嬉しいな」と言われました。

 

そこからは結構、際どい会話となり「旦那にはイイ歳して脚出すなとか言われる」「バブルの時はボディコン着てお立ち台に乗っていた」「今でも体型を維持しようと、ジム通いをしている」という事がわかりました。

酒の勢いもあり「鍛えた身体、見てみたいっすよ」と言ったところ「えー、どうしようっかなあ」ときっぱり否定はされなかったので「いいじゃないスか、減るもんでも無いし。

 

逆に余計なお肉が減ればラッキーじゃ無いスか」と言ったら「それもそうね」と笑い、「今日は2次会まで行くって旦那には言ってあるから、サクっとこの場は消えちゃおうか」と言われそそくさと2人でホテルに行きました。

部屋に入り、シャワーを浴びに行こうとした彼女を後ろから抱きしめると「ちょっと待って、シャワー浴びさせてよ」と言われましたが彼女のスカートをめくり、ストッキングの感触を楽しむように脚やヒップを撫で回しました。

 

「俺、脚フェチだしストッキングフェチなんスよ、だからもうたまらないっスよ」と言うと「やらしいのね」と言われましたが、拒む様子はありませんでした。

 

彼女をベットに座らせ、ストッキング越しに脚を撫でたり舐めたりすると、徐々に彼女は感じてきたようでした。夢中で彼女の脚を愛でていると「こんなにガツガツされたの、久しぶり」と彼女は言いました。

ひとしきり彼女の脚を愛撫し終え、キスをしながらストッキングの中に手を入れて股間を弄ると、熱く濡れていました。

 

「久しぶりだからすぐにイキそう」と言うので、下着の中に手を入れて激しく手マンをすると、激しく身悶えしながらイキました。

彼女の悶えた姿と声にすっかり興奮したので、彼女のストッキングを下着を一気に脱がせ、こちらも下半身裸になりバックから一気に挿入しました。

 

「凄い、セックスするの久しぶり」と彼女もノリノリで腰を振ってきました。

 

お互い、獣のように声を上げてて感じ合い、「ピルを飲んでいるから中に出して大丈夫」というので私も彼女の中で果てました。

 

「旦那はもう勃たないし、これからもしようよ」というのでそれ以来、すっかり彼女にハマってしまっています。

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
作者・チンジャオ娘・エンガワ卓

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。